久々野智小哲津について

時代を変え、時代をつくりあげるブランドをつくり。
強烈なファンをつくるブランドつくり。
ブームとロングセラーをつくりあげる具体策をつくるブランドプロデューサー。


1、ブランドプロデューサー

企業やプロフェッショナルな個人のブランドプロデュースを数多く請け負っている。

分野は、家電、自動車、スイーツ、スポーツ、医療、アパレル、スーパーなどの商品のブランド作りから、企業やタレントアイドルのブランドプロデュースを行っている。近年ではメイソンジャーサラダを流行らせたり、原宿ニコラハウスを若者向けに流行らせ浸透させた。


2、プレミアムチョコレートの伝道師

この10年で海外から8社のチョコレートスイーツブランドを日本に持ってきていて、ヨーロッパのチョコレート界とつながりが深い。その中でもサードウェーブコーヒーと同じようにはやりつつある、

ビーントゥーバーチョコレートに関しては、フランスから日本にもってくるとともに、日々ビーントゥーバーに関して嗜好している。大人がお酒とともに楽しめる嗜好品としての楽しみ方から、若者向けにはやっているチョコレートやスイーツについて、常に現場を回っているので現場的視点の解説者でもある。

117年直径一族で続く人間国宝ショコラティエ エドワールイルサンジェーとその161年続くフランス最古のレモネード エリクシアのオーナーと久々野智。フランスのエリクシア工房にて撮影。
フランス国家最優秀職人賞を受賞したショコラクリエイター ファブリスジロットと息子のジュリアンと久々野智。ファブリスジロットの工房にて撮影。